2016年10月11日

急ぎの時のクレジットカード現金化は業者のほうが便利


クレジットカード現金化には自分で行う方法、業者を通して行う方法があります。このうち自分で行う方法ではクレジットカードで購入した商品を金券ショップ、買取店、質屋、ネットオークションなどで売却する事が必要なために時間が掛かると言う欠点がありました。

急ぎと言う時では間に合わないですが、そんな時に便利なのが業者を通して行う方法です。クレジットカード現金化業者の多くでインターネットでお申し込みする事が可能です。お申し込みフォームの必要事項に入力し送信すると、業者のスタッフさんから確認のための電話連絡が入ります。運転免許証など身分証明書の提出が求められますので事前に手元に用意しておいて下さい。2回目以降のご利用時には身分証明書の提出は不要です。

その後にクレジットカードで商品を購入します。オンライン決済が完了次第、最短3分ほどで指定の金融機関の口座に振込されます。お申し込みから振込まで来店不要で完了できるために忙しい時でもお申し込みし易いです。お申込み時間帯が遅すぎると当日中の振込ができない事があります。インターネットでは24時間お申し込みができるものの、急ぎの時はなるべく早めにお申し込みを始めて下さい。

ネット銀行の口座があると遅い時間帯まで当日中の振込に対応している場合があります。ネット銀行の口座開設済みの場合は此方を指定したほうが便利です。後日購入した商品が届きますがキャッシュバック方式の業者なら返送は不要です。買取方式の業者の場合は返送する事が必要です。その後は利用したクレジットカードのカード会社に支払を行います。1回払いや分割払い、リボ払いなど業者を利用する際に支払方法の指定ができます。

すぐにでも全て支払できると言う時は1回払い、余裕が無いと言う時は分割払いまたはリボ払いを選ぶと良いです。その代わりに分割払いやリボ払いはカード会社への手数料が発生します。この業者を通して行う方法で注意したいのが悪質な業者が一部に存在していると言う点です。

もし悪質な業者に引っ掛かってしまうとホームページと実際の換金率が違う、後から高い手数料を請求してくる、振込すらしない、ヤミ金に個人情報を流すなどの手口を使われる事があるので注意して下さい。